ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

未来予測に関する考え実績

短期未来予測を強みとしています!

 

10年先、20年先を見越した長期予測は研究開発には必要ですが、また数秒後から数日後の短期予測は金融関係の市場予測では重要ですが、マーケティングでは0.3歩先の未来予測が肝要だからです。

 

先を読みすぎる研究のための研究でもなく、直ぐに行動が必要な金融予測でもなく、行動経済学でもあるマーケティング予測では数か月から数年先を見越すことが重要です。

 

そして、それらは、1993年当時から環境悪化と気候変動の激化を予測し、ITビジネスの隆盛を予測したように、高い実現確立を誇ります。

 

また、経営と分離したマーケティング実践でなく、米国で主流の経営と一体化し経営を増幅させるマーケティング実践を図ります。

 

こうした短期未来予測の的中度の高さとそれに基づく各種商品開発・事業及び企業のマーケティング実務実施において多くの成功を収めてきました。